世界的に有名な腕時計ブランドであるのが、オメガの特徴です。機械式の腕時計を主流に売りだしており、古い年代から最新のモデルまで、あらゆる世代から親しまれているブランドとなっています。オメガの腕時計はとても品質がよく、何十年も使い続けることが可能です。末永く使用するためにも、定期的なオーバーホールを行いましょう。オーバーホールでは専門知識を持った職人の手により、内部を開けて、不具合を調整したり、埃やサビ汚れなどを綺麗にしてくれます。オーバーホールを依頼するには職人を用意している専門店を利用しますが、選んだ店によって価格が違ってきますので、よく確認しましょう。価格面だけでなく、大切なオメガを丁寧な仕事で綺麗にしてくれる店を探すことも重要です。

正規代理店でオーバーホールを依頼した場合

日本にはオメガの正規代理店が存在します。販売だけでなく、オーバーホールが必要になった時にサポート体制が整っています。無料で行ってくれるのではなく、製品に応じた費用が必要になりますので、気をつけましょう。価格は製品の年代や構造によって違ってきます。一概にはいえませんが、一般的にオートマチックタイプが3万円以上、クロノグラフだと複雑な構造をしていることから5万円以上かかります。クォーツ式が2万8000円から、手巻きであれば3万円以上します。年代の古いものほど高くなっており、10万円を超えるものまで幅広い価格が特徴です。正規代理店であるため、オメガが認める確かな方法でオーバーホールを依頼できるのがメリットです。純正パーツで交換してくれる、安心感も持っています。

一般的な時計修理店に依頼した場合

正規代理店のオーバーホールは信頼性が魅力ではあるものの、価格が高く推移しています。安くオーバーホールを依頼したいなら、一般の時計修理店に依頼してみましょう。店によって価格が異なってくるものの、高過ぎると顧客獲得が難しくなることから、そこそこ知名度が高い時計修理店であれば、どこも似たような価格設定になっています。オートマチックタイプで1万6000円~2万円くらい、クロノグラフだと3万円前後です。クォーツ式は安く1万3000円~1万8000円くらいです。手巻きなら1万8000円前後が多くなっています。正規代理店の半額に近いほど、圧倒的な安さを誇るのが一般的な時計修理店を利用するよさです。ただし、全てのオメガに対してオーバーホール可能な技術を持っているとは限りませんので、事前に問い合わせておきましょう。

Comments are closed.